インターネットリサーチのDIMSDRIVE
サイトマップ リサーチについてのFAQ 資料請求 お問い合わせ
サービス内容について モニター属性 マーケティングリサーチ分析報告例 インターネット調査の調査実績 調査料金表 アンケート調査/公開テーマ別調査 公開ランキング調査
お問い合わせ
現在位置:トップページ > サービス内容 > マーケティングソリューション/ブランドイメージ調査
サービス内容
DIMSDRIVEはここが違います!
品質について
ネットリサーチサービス一覧
カスタマイズドアンケート
調査の流れ
DIMSDRIVEについて
マーケティングソリューション
ブランドイメージ調査
消費者動向調査
ライフスタイル調査

マーケティングソリューション

ブランドイメージ調査について

[1]ブランドイメージ調査について
ブランドとは、同一カテゴリーに属する他の製品やサービスと区別する特性で、名称(名前)表現、デザイン、シンボルなどの特徴から想起されます。また、ブランドイメージは、ブランドについての知識、経験、想像、期待などによって形成されます。
ブランドは製品やサービスに対する人々のイメージに影響を与えるため、製品やサービスの評価を左右するものとして存在しうるものです。
ブランドイメージ調査では、お客様や競合他社のブランドが、どのようにみられているのか、どのポジションに位置していのかなどを明らかにすることができます。特に、顧客が持っているイメージとお客様が期待しているイメージとのギャップを知ることが可能です。

ブランドイメージ調査を実施して…

    ●消費者にどのようなブランドとして、認識させたいか?
    ●そのブランドを使うことで消費者が得られる価値は何か?
    ●競合他社と比べて、どのような点が優位か不利か?
    ●競争相手に勝つための強いブランドのポジショニングはどこか?


などを明らかにすることは、ブランドの構築だけでなく、維持・管理を行うことに役立ちます

[2]調査手法
ブランドイメージ調査では、自社や競合他社の各ブランドに対して、さまざまなイメージワードがどの程度あてはまるかを聞き、ブランドのポジショニングを分析しています。
質問結果からイメージ空間を構成し、各ブランドはどのような関係に位置しているのか、各ブランドと位置の近いイメージワードも確認できます。

ブランドイメージで採用した分析方法は、1982年に西里静彦氏が発表した双対尺度法で、クロス集計表を元データにして、類似した項目同士を近くに配置することで、似た傾向持つ項目を視覚的に把握できます。フランスのベンゼクリ氏によって提案されたコレスポンデンス分析も同様の手法です。

各ブランドに対して、イメージ項目に該当すると回答した人のデータをクロス集計し、それを元データ(本調査の場合は「テレビメーカー」×「メーカー・イメージ」)として、類似した傾向を持つ項目同士(例えば、「センスが良い」と「デザインが良い」など)が近くに来るようにマッピングされます。

調査サンプル(事例)



< アンケート内容 − 「テレビメーカーのブランドイメージについてご回答ください」 >

結果のイメージ

★アウトプット例 〜テレビメーカーのブランド・ポジショニング〜

▲クリックで拡大表示

事例の説明

テレビメーカーのブランドイメージを調査した結果

   ・横軸   高級感(+)      ←→    大衆的(−)

   ・縦軸   オーソドックス(+)   ←→    個性的(−)

の中に、各テレビメーカーがマッピングされました。

テレビメーカーのポジショニングをみると、「品質がよい」「性能・機能に優れている」の近くに、『パナソニック』が、「デザインが良い」「都会的である」「センスが良い」の近くに『ソニー』がマッピングされています。
また、『日立』『東芝』は「頑丈そう」「落ち着きのある」といったオーソドックスなメーカーのイメージの近くにマッピングされています。
このように、視覚化することで、ブランドイメージのポジショニングをよりわかりやすく把握することができます。

こんな方に役立ちます


   ブランドマネージメント関連の部署及びご担当者様
   商品企画関連の部署及びご担当者様
   広報・広告関連の部署及びご担当者様    など

  <課題>
  ・消費者にどのようなブランドとして、認識させたいか
  ・そのブランドを使うことで消費者が得られる価値をどのように構築したらよいか
  ・競合他社と比べて、優位・不利を明らかにして、今後の戦略に生かしたい
  ・競争相手に勝つための強いブランドのポジショニングにしたい


【担当者からのコメント】

これまでは「ブランドをどうこうしても、直接または短期的な利益に結びつかない」
という理由で、その価値は軽視されてきました。また「ブランド」(以下、言葉だけでなく、価値やブランディングなど様々なことを示す)は広告やマーケティングの世界では当たり前のことでしたが、企業自身の経営戦略においても「ブランド」の意義は高まってきています。

そのような中で、当社では家電や住宅といった価格の高い商品にとどまらず、食品やサービスといった単価の低いものまで、ブランドイメージ調査や商品イメージ調査、広告イメージなどのご依頼が急速に増えてきました。

市場・消費の変化により平均層が縮小し、少数派が多種多様化しながら拡大してきて
いる今日、消費者の気持ちを繋ぎ止めるには、ブランド価値が必要とされる時代になってきたのではないでしょうか。その解決手段を消費者1万人調査のインターワイヤードがご提供いたします。どうか、お気軽にご相談ください。

マーケティングソリューションについてのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

マーケティングソリューションの他に、調査についてより詳しいご説明が必要な場合は、 DIMSDRIVE事務局までお気軽にお問い合わせください。
DIMSDRIVEの調査のメリットや実施コストについても、詳しくご説明させていただきます。ご相談無料です。

DIMSDRIVE事務局: tel.03-5764-3281
会社情報 | プライバシーポリシー | このサイトのご利用規定について
Copyright ©2006,INTERWIRED.CO.,LTD.ALL Rights Reserved.
モニター会員用DIMSDRIVE
TimelyResearch TimelyResearch
DIMSDRIVE独自の公開アンケート調査最新情報
RankingResearch RankingResearch
DIMSDRIVE独自の人気トレンドランキング調査最新情報
報告書販売 報告書販売
DIMSDRIVE独自の調査報告書を販売いたします。
「1万人の回答」回収調査 「1万人の回答」
回収調査

1万サンプルの大規模調査も低価格で!
従業員満足度調査「ES-DIMS」 従業員満足度調査
「ES-DIMS」

社員を対象としたアンケート調査です。